(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年1月-3月
号数 58
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *税理士兼僧侶の寺院会計大型対談
本文テキスト  改正国税通則法による税務調査強化の方向が打ち出され、全日本仏教会も対応に乗り出している(1月中外日報の項参照)。現役僧侶兼税理士の上田二郎とショーエンK氏による大型対談<寺院会計の現状と問題点 会計帳簿から見える寺院仏教の姿>から両氏の発言を抜粋する。「今の(宗教法人税制)はものすごい優遇されている。優遇の裏側には果たすべき責任がある」「(寺が)立派な活動をしているんだから、優遇してもいいのでは、という意見が社会全体の意見にならないと、お寺はダメになるんじゃないかと思っています」(ショーエンK)。「学校法人や社会福祉法人の多くは財務関連の書類をネット上で公開している。つまり公益法人として情報開示し透明性を担保している。それが仏教界、宗教法人にできるか」(上田)(1月31日付-2月各号連載)。
Copyright(c) Religious Information Research Center