(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年1月-3月
号数 58
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *WCRPが原子力と現代社会についてシンポ
本文テキスト  世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会は1月30日に東京の立正佼成会法輪閣で「原子力エネルギーと現代社会―未来への責任」をテーマに「第39回平和のための研究集会」を開催した。山口幸夫・原子力資料情報室共同代表は、原子力推進による労働者や地域への「犠牲のシステム」を示し、原子力を享受し、真面目に向き合って来なかった現代日本人の多くに形而上の罪、責任があることを指摘した。キリスト者の内藤新吾・原子力行政を問い直す宗教者の会世話人は、原子力の平和利用を口にしながら、自衛のための核兵器保有を是とする国会答弁がくり返されていることをとらえ、「憲法9条がこれをなんとかくい止めている」と指摘した(仏教タイムス7日付、中外日報7日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center