(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年1月-3月
号数 58
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *2・11「信教の自由を守る日」 改憲に危機感
本文テキスト  キリスト教界は2月11日の「建国記念の日」を「信教の自由を守る日」と位置づけており、クリスチャン新聞は3日付と10日付の2回にわたってタブロイド版見開きで<憲法「改正」で信教の自由はどうなる?>を特集した。焦点は2012年4月に自民党が公表した「日本国憲法改正草案」であり、同年12月の自民党圧勝、<強硬な>改憲論者の安倍晋三氏が首相になったことである。記事は草案を読み解き、<児童生徒が神社の祭礼に参加?><私学助成のため礼拝やめる? 「公益を害する」教会は解散も>と危機感を露わにしている。
 東京告白教会が2月8日に主催した講演会で引退牧師の松本栄好氏(91歳)が、中国で旧日本軍の衛生兵として「従軍慰安婦」の身体検査を行ったことなどを証言し、「モラル喪失の日本人をつくり上げた」根源は天皇制にあると語った。11日は各地で講演や祈りの集会が開かれ、東京のキリスト教朝顔教会では星出卓也・日本長老教会牧師が「(状況は)政治社会的な問題のようだが、目に見えるところの背後にある神の言葉への服従と、神の言葉に逆らわせようとするサタンへの抵抗、という霊的な問題です」と、教会と国家について講演した(ク24日付。キリスト新聞3月2日付に関連記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center