(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年1月-3月
号数 58
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *ワールド・ビジョン・ジャパンが外務省に提言
本文テキスト  2015年を達成期限とした「ミレニアム開発目標」(国連で2000年に採択)について、期限後の新たな目標に関して国連や各国政府で議論が始められている。世界の貧困の解決を目指すワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)は、最も弱い立場におかれた子どもたちが直面する問題を中心に検討すべきと考え、2015年以降に世界を担う若者や子どもの声を反映させるべく彼らと話し合いを続けてきた。その結果をまとめWVJによる政策提言と合わせて、1月28日に外務省に提出した。まとめた結果は、「貧困飢餓」の削減が26%で最も多く、次いで「乳児死亡率」(13%)、「環境」(12%)と続く。外務省の担当者はWVJの提言に対し<同感であるとの姿勢を示した>(キ16日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center