(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年3月-5月
号数 23
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *鳥取県の書類開示問題
本文テキスト  鳥取県の宗教法人届出書類開示問題(『ラーク便り』前号12頁参照)についてその後の動き。片山善博知事は9日、同問題について県議会で答弁。また日本宗教連盟の2度目の質問に15日付で回答した。それによると、宗教法人法には非開示の規定がない以上、県条例が優先し、文化庁次長通知は<官僚の「勘違い」>だとした。さらに信仰の核心にふれるものは非開示だが、布施総額、接待費などは開示するとしている(25日付。9日付関連記事。仏教タイムス25日付、新宗教新聞、キリスト新聞13日付、クリスチャン新聞14日付に同類記事。4月の項参照)。
 こうした鳥取県の動きをふまえて京都仏教会は17日に書類提出拒否を呼びかけ(18日付。6日付関連記事)、日本基督教団京都教区は9日に改定宗教法人への反対再確認を、同教団総会へ促すことにした(16日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center