(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年3月-5月
号数 23
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *宗議会と教団予算
本文テキスト  各教団とも予算決定を含む宗議会の時期を迎えた。主なものを列挙する。真言宗智山派の予算は総本山及び東京別院を含め18億9、280万円。新宗務総長に島秀隆氏が選ばれた。浄土宗は一般会計約18億4、400万円を含め総予算は98億8千万円(2日付)。高野山真言宗の本山部及び宗務部予算は総計28億1、470万円。
 臨済宗妙心寺派の通常会計予算は約8億8、325万円(4日付)。真言宗豊山派の予算は8億9、630万円(6日付)。真言宗醍醐派の予算は7、290万円。なお同派は全国青少年教化協議会(全青協)からの脱退を決めた(9日付)。日蓮宗は6年連続減額だった予算が今年度は前年比約770万円増の19億6、739万円。なお大荒行の加行の場として遠寿院を認めないことになった(11日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center