(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年1月-3月
号数 58
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等) <東日本大震災関連>
記事タイトル *宮城県、3月11日を「鎮魂の日」とする条例可決
本文テキスト  宮城県議会は3月19日、震災が起こった3月11日を「みやぎ鎮魂の日」とする条例を可決した。「復興を果たした後も亡くなった方のことを想い続ける日」として、県が2012年秋から制定に向けて準備を進めてきたもので、14年から適用される。慰霊行事に参加できるよう、県は高校などの県立学校を休みとする方針だが、各市町村が管轄する小中学校については各教育委員会の判断に任せるとしている(毎日・東京3/20ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center