(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年3月-5月
号数 23
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *小泉首相靖国神社参拝訴訟
本文テキスト  全国六地裁で争われている小泉首相靖国神社参拝訴訟のうち、大阪地裁での判決が2月27日にあった。被告の国側による「私的参拝」の主張は退けられ公的参拝と認定。しかし、原告主張の「宗教的人格権」は認められず、違憲確認請求なども却下された。<国、靖国神社側の勝訴>。判決が、首相の「公的参拝」を認めたことについて、靖国大阪訴訟対策会議(神道政治連盟近畿ブロック)の集会で、百地章日本大学教授は「(私的参拝とした)国側の逃げ切りを裁判官が許さなかった」とし、提訴は「政治パフォーマンス」と述べた。なお原告側は公的参拝の認定を、違憲判断に等しいと評価した(8日付)。
 同訴訟の2例目の松山地裁での判決が16日にあり、国及び靖国神社側が勝訴した。首相参拝については公権力の行使に当たらずとし、違憲確認を却下した(22日付)。4月の項参照。
Copyright(c) Religious Information Research Center