(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年1月-3月
号数 58
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *イスラエル新政権は右派-中道連合
本文テキスト  1月22日にイスラエル総選挙が行われ、ネタニヤフ首相率いる右派の「リクード」・「我が家イスラエル」の統一会派は票数を減らしたものの第一党を維持し、首相続投が決まった。また、中道・左派が票数を伸ばし、中道新党「未来がある」、「運動」が連立与党入りした。これにより、新政権の枠組みは「右派-宗教党」から「右派-中道新党」に転換。ユダヤ教超正統派は連立から除かれた。「未来がある」はユダヤ神学生の兵役免除廃止を公約に掲げている。中道新党二党はパレスチナ和平交渉の再開にも前向きだが、パレスチナ国家樹立を否定する極右政党「ユダヤの家」がユダヤ人入植地建設を担当する住宅相ポストに就任したことから、和平交渉は停滞する見通し(東京3/16ほか)。税金やガソリン・住宅価格値上げなど経済政策が焦点となった今回の総選挙は、「『和平』が争点とならない初めての選挙」と言われていた(毎日1/19ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center