(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年1月-3月
号数 58
媒体 国外
大分類 【3. 南アジア】
小分類(国名等) ◆バングラデシュ
記事タイトル *キリスト教徒の少年ら救出
本文テキスト  2月3日、南東部の山岳地帯に居住するトリプラ族の子どもたち19人が、同地域から首都ダッカまで移動するバスから救出された。ダッカにあるキリスト教の全寮制学校に入ろうとしてバスに乗車していた子どもたちは、実際にはマドラサ(イスラム神学校)に売り渡されようとしていた。同様の事件は多発しており、2013年に入ってからダッカで55人が救出されている。今回の事件を報じた人権監視団体「国際キリスト教コンサーン(ICC)」によれば、こうした子どもたちは名前をイスラム風に変えられ、マドラサで自爆兵士になるための教育を受けさせられるという(クリスチャン3/3ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center