(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年1月-3月
号数 58
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆北朝鮮
記事タイトル *故金正日総書記生誕記念日
本文テキスト  故金総書記の生誕記念日「光明星節(ジョルクォンミョンソンジョル)」を前に、平壌中心部「万寿台(マンスデ)の丘」に金総書記の巨大銅像がコート姿からジャンパー姿に変わったと2月11日付の労働新聞が報じた。「野戦外套」と称されるジャンパーは、金総書記が現地視察の際に好んで着たもので、「精力的に活動した姿」を再確認させ偶像化を推進する姿勢がうかがえる。製作費は1千万ドル(約9億円)(東京2/13)。また、金総書記を象徴する赤い花のベゴニア品種「金正日花」の展示会も開かれ、「人工衛星運搬ロケット」を模した飾りつけもあった(東京2/16)。誕生日の16日には、金正恩第1書記と李雪主(リソルチュ)夫人、党や軍の幹部が金総書記の遺体を安置している錦繍山(クムスサン)太陽殿に参拝し、12日の核実験の成功を報告し、核保有国化を金総書記の功績と強調した(東京2/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center