(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年1月-3月
号数 58
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆中国
記事タイトル *PM2.5の影響で春節の爆竹控えめ
本文テキスト  漢族は春節に爆竹をならして新年を祝う風習があるが、近年健康に害を及ぼすとされる微粒子PM2.5の大気中濃度が問題となっている。北京市では2012年の春節、午前0時頃のPM2.5の1立法メートルあたりの大気中濃度が、中国の環境基準の20倍、WHOの基準値の60倍となる1593マイクログラムに達した。このため同市は全市民の携帯電話に対し、爆竹や花火の自粛を促すショートメッセージを流した(朝日2/10ほか)。2013年の春節は爆竹などを販売する店の出店規制が強化されたため、各地で販売数が減少、北京市のPM2.5濃度も800マイクログラムにとどまった(日経2/8ほか)。爆竹購入を自粛する傾向がみられた一方で、空気を汚さないが本物に近い音と光を発する「電子爆竹」が人気を博している(読売2/2)。
Copyright(c) Religious Information Research Center