(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年10月-12月
号数 57
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *教団・教派の協力は至難の業 データから
本文テキスト  東京基督教大学国際宣教センターは10月末に、同センター専門委員の柴田初男氏によるデータブック「宣教の革新を求めて―データから見る日本の教会の現状と課題」を発行した。各種のデータを諸角度から分析・評価したもので、内容は都道府県別の教勢データ、教会の規模、教職の年齢構成、信徒の男女比、他宗教との比較などから成る。柴田氏はあとがきで「現実的に教団・教派の壁を越えて協力関係を構築することは至難の業」、「この壁を乗り越えなければ日本宣教の未来はないのではないか」と指摘している。なお、牧師の全国平均年齢は61.6歳だった(キ1日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center