(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年10月-12月
号数 57
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *総選挙への宗教界の反応
本文テキスト  衆議院が解散され、12月16日に投票が行われる。以下、宗教界の反応。「政治が変わることはあまり期待できない」(有馬頼底・臨済宗相国寺派管長)。「(次期政権は)民主党、自民党、第三極でも大して変わらない。政権交代で国政が揺れ動く方が国民は迷惑する」(小林隆彰・天台宗延暦寺長臈)。福島原発事故の被災地では、「今後の方向性が何も示されていない。(選挙で)復興が後回しになる」(いわき市。藤内和光・真宗大谷派明賢寺住職)。外交に関して、京都府南丹市の自民党元参院議員の小泉顕雄・浄土宗教伝寺住職は「アジア戦略を重視し、中国と良好な関係を築かなければならない」。また長曽我部延昭・神道政治連盟会長は「安倍総裁に期待するのは皇位継承問題の決着。伝統にのっとった形で法的に盤石の基礎を」(20日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center