(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年10月-12月
号数 57
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *欧米仏教から日本仏教の未来へのヒント
本文テキスト  武蔵野大学仏教文化研究所は9月15日に西東京市の同大においてシンポジウム「欧米の仏教者の声を聴く―日本仏教の未来へのヒント」を開催した。ケネス田中所長は、アメリカでは仏教徒が300万人(人口の1%)、3千万人が「仏教のことをよく知っている」と現況を紹介し、アメリカ仏教の歴史と実践から日本仏教の未来への課題やヒントを探った。
 ほかに、高橋典史・東洋大学准教授がハワイの日系移民と日本仏教の歴史を概観し、岩本明美・鈴木大拙館主任研究員はアメリカ仏教から見て「仏教や瞑想に関心を持つ人が実践する場が日本では非常に限られ、多様性もない」と指摘。川橋範子・名古屋工業大学准教授は日本の女性仏教者を取り巻くジェンダー問題を考察した。討議では「宗教の自覚化」「女性の地位向上」「お寺との関わり方の多様化」など<欧米仏教からのヒント>が提示された(11日付)。なお18日付にバンコクの日本人納骨堂の堂守(住職)である神田英昭氏のエッセイ<上座部仏教から日本の「死者供養」を考えつつ…>が載っている。
Copyright(c) Religious Information Research Center