(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年10月-12月
号数 57
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *尊厳死法制化シンポ 宗教界は現実的な話を
本文テキスト  日本宗教連盟は第6回宗教と生命倫理シンポジウム「いま、尊厳死法制化を問う」を10月16日に国学院大学で開催した。日本尊厳死協会の長尾和宏副理事長(医師)は同法は「リビング・ウィル・カード」(尊厳死の宣言書)に法的拘束力を持たせること、延命治療中止の患者家族の要望を実現するためと主張し、背景に行き過ぎた医療があると述べた。小松美彦・東京海洋大学教授(生命倫理学)は、法制定の動きが医療費・福祉費削減の傾向のなかにあり「尊厳死協会の思いとは別の動き」があると語った。戸松義晴・全日仏前事務総長は<檀家と共に死を見詰めることに宗教者の責務がある>と語った。長尾氏は最後に「宗教界の方々には賛成反対ではなく、現実的な話をして、一緒に議論してほしい」と<訴えた>(20日付。4日付に特集「尊厳死を選びますか」)。
Copyright(c) Religious Information Research Center