(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年10月-12月
号数 57
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *曹洞宗の公式サイトに「懺謝文」復活
本文テキスト  曹洞宗は過去の宗門の戦争協力を反省する声明「懺謝文」(1992年発表)を10月16日に公式サイトに35日ぶりに復活させた。これは韓国の旧曹洞宗寺院「東国寺」に同文を刻んだ石碑を同宗僧侶の一戸彰晃・雲祥寺住職が寄贈、建立したことで、日本の<一般の人々から>抗議や非難が殺到したため掲載ページを閉鎖していたことによるもの。また、曹洞宗は一戸氏に<著作権違法だとして>石碑撤去を求めていたが、一戸氏は同要求を拒絶する文書を12日に宗務総長あてに送付した(20日付。16日付に韓国浄土会エコブッダ前共同代表の柳浄拮氏による寄稿<歴史的声明を決断した先人の勇気貶める行為>。『ラーク便り』第56号18頁参照)。
Copyright(c) Religious Information Research Center