(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年10月-12月
号数 57
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *尖閣諸島問題 日中仏教界の友好に影
本文テキスト  尖閣諸島問題による日中関係の悪化が、両国仏教界の友好に影を落としている。10月に予定していた真言宗各派総本山会、臨済宗東福寺派は訪中を中止した。また中国側でも訪日を自粛する動きが出ており、上海戯劇学院の「鑑真渡東」日本公演が中止となり、日中韓仏教友好交流会議日本大会(横浜市。10月21-22日)に参加予定の中国側は約160人が<約70人>と半減以下になった。一方、日中禅文化交流協会は予定通り11月上旬に道元の足跡を偲ぶ中国旅行を実施する。40年前の国交回復ではそれまでの民間交流の積み重ねがあったと記事は指摘し、<このまま関係のこじれが長引けば、さらに深刻な影響が各方面に広がることが懸念されている>としている(4日付。中国側参加者は最終的には40人となった―筆者注。次項参照)
Copyright(c) Religious Information Research Center