(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年10月-12月
号数 57
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *真宗教団連合 神社本庁で神道を学ぶ
本文テキスト  真宗教団連合は中央研修会を「靖国問題」をテーマに10月11-12日に東京で行い、その一環として神社本庁で、同庁職員による神道講義が<両者ともにある緊張感をもって><初めて行われ>た。質疑応答では真宗側が問題視している死や血のケガレの思想について質問があり、霊魂観、国家神道の評価などの質疑が<相次いだ>。参加者からは「神社もある意味では国策に翻弄された存在と感じた」「思った以上に教学が整理されていることが分かった」などの感想があった(20日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center