(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年10月-12月
号数 57
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *日本宗教連盟が国税庁と復興庁に意見書
本文テキスト  日本宗教連盟は9月下旬に、(1)国税庁へ質問検査権に関する意見書と、(2)復興庁へ政教分離解釈をめぐる意見書を提出した。国税庁への意見書は「宗教法人の税務調査においては、守秘義務に関わる帳簿書類等は対象外とすべきである」というもの。国税庁は調査に必要ならばすべての物件、としている。復興庁へは、「福島復興再生基本方針」に関する意見書で、復興庁が「あくまでも文化、観光等の再生の視点から」としているのに対して、「生活環境の整備が進められるのであれば、宗教法人や宗教団体の施設等も、宗教に関係するからとの理由で安易に対象外とされることのないように」と<慎重な対応>を求めている(中外日報11日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center