(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年10月-12月
号数 57
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *平和ネットと正平協の全国集会
本文テキスト  平和を実践するキリスト者ネットは9月14-15日に東京のカトリック幼きイエス会ニコラ・バレ修道院で全国集会を開いた。分科会は次の5つ。「原子力発電、差別構造、いのち」「憲法改定、思想、信条の自由」「基地、沖縄」「教育、日の丸・君が代」「死刑・冤罪」。このうち沖縄の基地問題について神谷武宏・沖縄バプテスト連盟普天間教会牧師は、「普天間問題から見える日本の問題とは、一言でいうならば『差別』」と述べた。同ネットは日本キリスト教協議会(NCC)の呼びかけによって1999年に設立され、現在34の教派・団体が加盟している(キ6日付)。
 カトリック正義と平和全国集会2012長崎大会が「『正義と平和』の原点を探る」をテーマに10月6-8日に長崎カトリックセンターなどで開かれた。シンポジウム「司教が語る なぜ教会は社会問題にかかわるのか」で松浦吾郎補佐司教は、教会の使命は社会の福音化であり、国家を超えた宗教者の視点で政治に関わるべきである、福音的な生き方とは弱い立場の側で行動するとともに抑圧する側を解放する働きでもあると語った。現地学習会は「長崎くんちとカトリック差別」、分科会は憲法や「東日本大震災と原発事故」など10のテーマが設けられた(カ21日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center