(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年10月-12月
号数 57
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *北海道観光業、イスラム圏の客誘致の取り組み
本文テキスト  マレーシアなど東南アジアからの観光客増加が見込まれる北海道で、イスラム教徒向けの設備やサービスを整備する動きが広がっている。「千歳アウトレットモール・レラ」(千歳市)は9月、戒律で定められた1日5回の礼拝を欠かせないイスラム教徒のために、施設内に礼拝室を設置(十勝毎日・帯広10/12)。12月には新千歳空港にも礼拝室が設置された(苫小牧民報・苫小牧12/21)。
 サホロリゾート(上川郡新得町)やルスツリゾート(寿都郡寿都町)を経営する加森観光は、施設内の飲食店で「ハラル」(イスラムの戒律に適合している)のメニューを提供することをめざし、マレーシア政府外郭団体「ハラル産業開発公社」から「監査人」を招へい。メニューに用いる食材や調理器具についてチェックを受け、「ハラル」であるとの認証を得た(北海道・札幌10/20)。
Copyright(c) Religious Information Research Center