(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年10月-12月
号数 57
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *iPS細胞作製の山中教授にノーベル賞
本文テキスト  スウェーデンのカロリンスカ医科大は10月9日、iPS細胞(人口多能性幹細胞)の作製に成功した京都大学の山中伸弥教授らにノーベル医学生理学賞を授与することを発表した。iPS細胞は、皮膚など体の組織の一部としていったん成長した細胞を操作し、心臓や神経などほかの組織の細胞になりうる能力(多能性)を持たせたもの。同教授のiPS細胞作製方法の発見は、再生医療や新薬開発、難病の仕組み解明などの研究を加速させた(朝日・東京10/9ほか)。
 多能性を持つ細胞としては、すでに1981年にES細胞(胚性幹細胞)が発見されていたが、ES細胞は受精卵を壊して作るため、生命は受精の瞬間に始まると考える立場、特に宗教界から批判が絶えなかった。iPS細胞は体細胞から別の組織を作る方法であり、この問題を回避できると期待されている。その一方、iPS細胞から卵子や精子を作製する実験が成功したことにより、人工的に生命を誕生させることが実質的に可能となるなど、生命倫理に関する新たな問題が生じていることが指摘されている(毎日・東京10/11、Newsweek10/24号)。
Copyright(c) Religious Information Research Center