(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年3月-5月
号数 23
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等) ◆生命医療
記事タイトル *ヒトES細胞の無償提供
本文テキスト  日本国内で唯一、ヒトES細胞(人間の受精卵の一部を壊して取り出し、培養した細胞で、あらゆる臓器や組織に成長する能力を持つため「万能細胞」とも呼ばれる)の作成が認められている京都大学が、研究者を対象にES細胞の無償提供を開始した。このことによって、有償でロイヤルティーが発生する海外産のヒトES細胞に国産が代替され、再生医療が発展することが期待されている(日経・東京 3/30)。
 京大再生医科学研究所の中辻憲夫所長は、「ヒトES細胞の問題はこれまで生命倫理の議論が中心だったが、今後は対価やルールを含め具体的に検討していく必要がある」と語る(日経・東京 4/2)。
Copyright(c) Religious Information Research Center