(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年3月-5月
号数 23
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等) ◆その他
記事タイトル *追記
本文テキスト  その後栃木県は、団体内での「不適切な教育環境ではあるが、虐待とはいえない」との判断を下し、1歳と2歳の幼児2人を乳児院に入所させ、11-15歳の3人については、保護者の元に帰したうえで児童福祉司の指示を受けさせる措置をとるとした(読売・東京 6/4他)。現在、団体側は「児童虐待があるかのような報道で名誉を傷つけられた」として、日本テレビに対し謝罪放送などを求めている(毎日・東京 6/11)。
 「ホームオブハート」こと「レムリアアイランド」に関する事柄が大きく報じられた第一の理由は、児童虐待に寄せる世間の関心の強さにある。4月7日に成立した改正児童虐待防止法には、児童相談所と警察との連携強化や国民の通告義務の拡大などが盛り込まれており、国民に「虐待を受けたと思われる子供」を見つけた場合の通告義務を課したなどの点で、旧法より子供の安全確保のための法規制が強化されている。このことが、今回の告発につながった。
 また報道の関心を集めた理由の第二点として、当時熱狂的なファンに支持されながら1997年に解散したロックグループ、「X JAPAN」の元ボーカリスト、Toshiさんが問題に関与して告発されていることが挙げられる。Toshiさんは「ホームオブハート」に、その前身である「レムリアアイランド」の時代から深く関与しており、全国の福祉施設などで行ったコンサートの収入をこの施設に出演料を全額提供するなど、団体の広告塔的存在として知られていた。
 「レムリアアイランド」は鹿児島県屋久島に本社を置いていた「レムリアアイランドレコード」というヒーリング系のCDを製作・販売するレコード会社でもあり、MASAYAこと倉渕雅也氏が主催していた。Toshiさんは95年前後から同団体に参加し始めたという。98年には、Toshiさんとレムリアアイランドとの関係について週刊誌が「洗脳」と報じ、その語句がオウム事件を連想させたことからか、世間の衆目を集めたという経緯がある。
Copyright(c) Religious Information Research Center