(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年10月-12月
号数 57
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆エジプト
記事タイトル *新憲法の是非をめぐる対立
本文テキスト  エジプトの新憲法をめぐって、モルシ大統領の支持母体であるムスリム同胞団系とコプト教、キリスト教などの世俗主義系勢力との間で対立が起きている。イスラム主義派が多数を占める憲法起草委員会は、シャリーア(イスラム法)の原則を重視すると定めた旧憲法第2条を維持することを表明。反対派は立法、司法面でイスラム色が強まることを警戒しこれに反発した(産経11/10ほか)。反対派は11月27日、制憲のプロセスと大統領の権力集中を批判するデモを行い、モルシ政権の発足後最大規模の20万人が参加した(産経11/29)。12月22日、新憲法の是非をめぐる国民投票が行われ、投票の結果63.8%の賛成多数で承認された。投票率は32.9%と低水準だったが、反対派は選挙に不正があったとして反発(日経12/24ほか)。司法機関も憲法案をめぐって政権と対立するなど混乱が続いている(読売11/28)。
Copyright(c) Religious Information Research Center