(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年10月-12月
号数 57
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *ハマスをめぐる情勢の変化
本文テキスト  パレスチナのガザ地区を実効支配しているハマスをめぐる政治的な状況が大きく変化している。ハマスはこれまでイスラエルとの戦闘の後ろ盾として、シリアのアサド政権から軍事的、経済的な支援を受けてきた。しかし、シリアでの内戦勃発以降、スンニ派を母体とするハマスは、シーア派の一派のアラウィ派を中心とするアサド政権がスンニ派の市民を弾圧していることに反発、アサド政権との関係を凍結した。またアサド政権を支持するイラン(シーア派政権)からの資金援助も減少した。一方で、ムスリム同胞団が政権与党となったエジプトとの関係は改善傾向にあるという(毎日10/25)。
 10月20日、パレスチナ自治区で2005年以来となる統一選挙が行われたが、ハマスは選挙をボイコット。パレスチナ自治区内において、シーア派が多くヒズボラの影響が強いヨルダン川西岸と、スンニ派が多くハマスが実行支配するガザ地区の温度差が浮き彫りになった(朝日10/21)。
Copyright(c) Religious Information Research Center