(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年10月-12月
号数 57
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *教会への巨額の水道代請求
本文テキスト  エルサレムの主要な観光地のひとつである聖墳墓教会に対し、イスラエルの水道会社が、水道料金の支払いを要求し、両者間の論争が激しくなっている。水道料金をめぐる問題は、2010年頃から続いてきたが、2012年10月末、同市の水道会社が教会の代表であるギリシャ正教会エルサレム総主教座の口座を凍結したことで本格化した(カトリック11/18)。同社は過去の未払い分に利子を加算した900万シェケル(約1億8500万円)を教会側に請求(信濃毎日11/6)。教会側は、1969年に料金免除の合意があったと主張しこれに反発、対抗措置として教会の閉鎖を示唆した。これを危惧した政府は12月3日、政府と市が水道料金を一時的に肩代わりすることを表明し、直接の衝突は回避された(陸奥新報12/4ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center