(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年10月-12月
号数 57
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆アフガニスタン
記事タイトル *30年ぶりの人口・経済統計調査
本文テキスト  2011年から、アフガン中央統計局と国連人口基金(UNFPA)の連携で、人口・経済統計調査が30年ぶりに始まった。調査項目は世帯の内訳や就学状況をはじめ、飲料水の入手方法や携帯電話の所持など多岐にわたるが、出身民族と使用言語は調査されない。同国は長い民族対立の歴史をもち、現在でも、反タリバンで現政権の中心を担うタジク人(約3割)と、反政府勢力タリバンの多数を占めるパシュトゥン人(約4割)は敵対関係にある。少数派のハザラ人(約2割)が多い中部バーミヤン州では、36万8千人という統計結果を少なすぎるとして怒った住民がデモ行進を実施。その他約1割はウズベク人とされるが、民族構成の公式統計はない(SANKEI EXPRESS11/4)。
Copyright(c) Religious Information Research Center