(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 専門紙
大分類 9月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *宗教の公益を論じる 日本宗教学会
本文テキスト  日本宗教学会の第71回学術大会が9月7-9日に三重県伊勢市の皇学館大学で開催された。初日の公開シンポジウムは、東日本大震災後の「今」を問い直す「ためされる宗教の公益」がテーマ。櫻井治男・皇学館大学教授は「災害に臨んだ宗教、復興に臨む宗教の社会的役割を“公益”という観点から問いかけてみたい」と趣旨説明を行った。発表は以下の通り。稲場圭信・大阪大学准教授「災害時における宗教者と連携の力―その意義と今後の課題」、岡田真美子・兵庫県立大学教授「宗教の公共力―自然とのネットワーキングを考える」、小原克博・同志社大学教授「祈りの公益性をめぐる試論―3・11によって照り出される『宗教』の境界」、鈴木岩弓・東北大学教授「東日本大震災の『絆』再興にみる宗教の“ちから”」。なお小原氏は<「多くの宗教が公益を味方に付けることによって、“良い宗教であることを演じる”」危険性も指摘した>(13日付。20日付にパネル討論「公共空間における宗教的ケアのあり方―『臨床宗教師』の可能性」の記事。新宗教新聞、中外日報13日付及び15日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center