(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *大本開教120年の大祭 教主が原発を批判
本文テキスト  開教120年を迎えた大本の瑞生大祭が8月7日に京都府亀岡市の本部万祥殿で行われた。出口紅教主は挨拶のなかで原発の放射能汚染問題にも言及し、「7月に大飯原発が再稼働されましたことは極めて残念」と述べた。祭典後の全国信徒大会では、小林隆彰・比叡山延暦寺長?、山折哲雄・国際日本文化研究所元所長、島薗進・東京大学教授の3氏により「現代に甦る出口王仁三郎の思想と行動」のテーマで鼎談がなされ、島薗氏は王仁三郎の「万教同根」をとりあげ、宗教が手を携える思想であり、「その考え、経験を世界に広げていただきたい」と<エールを送った>。3氏はまた福島原発事故、東日本大震災にも言及し、山折氏は宗教者が(原発)作業員のいのちをどう考えるのかと提起した(16日・23日合併号、30日付。中外日報11日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center