(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年3月-5月
号数 23
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *皇太子 雅子妃の静養に関する異例の発言
本文テキスト  「雅子のキャリアや人格を否定するような動きがあったことも事実です」。
 5月11日、欧州訪問を目前にした記者会見で、皇太子から異例の発言が飛び出した(朝日・東京 5/11)。皇太子は先月から続いている雅子妃の静養について、「皇室の環境に適応させようとする努力に疲れきっている」と踏み込んで発言。体調不良の背景として、元外交官の雅子妃が、国際親善を重要な役目と自負しながらも、外国訪問をなかなか許されなかったことでご夫妻が悩んだことなどを示唆した(読売・東京 5/11)。
 皇太子の異例の発言は、宮内庁関係者やマスコミに大きな波紋を呼んだ。細田官房長官は11日午前の会見で、発言の背景をよく承知していないとしながらも、適切な対応をとるよう宮内庁に指示(朝日・東京・夕 5/11)。湯浅宮内庁長官は「真摯に受け止める」が、改めて皇太子の真意を確認したいと述べた(読売・東京 5/14)。
 また天皇・皇后両陛下も、17日の羽毛田宮内庁次長の会見を通して、「改めて皇太子殿下から具体的に国民に説明する必要がある」とのお気持ちを明らかにした(毎日・東京 5/18)。林田東宮大夫は28日の会見で、皇太子と湯浅長官とが近いうちに面会する見通しを示したが、時期は未定のままである(読売・東京 5/29)。
Copyright(c) Religious Information Research Center