(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *宗教多元主義についての国際会議 日本は
本文テキスト  イタリアのパドマ大学で<宗教多様性から宗教多元主義へ>のテーマで2月15-16日に国際会議が開かれた。それに参加した櫻井義秀・北海道大学教授の報告。宗教多元主義の制度は国ごとに独特なものがあるが、どの国も「制度作りに苦しんでいる」。日本もモスクなどのエスニック宗教と、布教に熱心な韓国系キリスト教などがあり、日本の宗教は急速に多様化しつつある。櫻井氏は「宗教多様性の利点を生かせるような共生の作法づくりは端緒についたばかりだ。宗教多元主義の枠組みづくりを始めようではないか」としている(23日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center