(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *67年目の原爆忌 広島・長崎
本文テキスト  67年目の原爆忌である8月6日は広島で、9日には長崎で宗教者による慰霊・追悼や平和祈願の行事が行われた。広島では市主催の平和式典前の早朝に、原爆供養塔前において広島県宗教連盟に加盟する神道・仏教、キリスト教の宗教者がそれぞれの祈りを捧げ、核兵器廃絶などを祈念した。これには世界連邦日本宗教委員会平和巡礼団、WCRPなども参列した。また5日には広島市浄土真宗寺院連絡協議会が原爆供養塔前で逮夜法要を営んだ。一方、8日夕方には長崎市で長崎県宗教者懇話会が第40回原爆殉難者慰霊祭を営み、これにはイスラム教、ユダヤ教も参加し諸宗教合同の平和の祈りが捧げられた(9日付。なお、4日付に神職と僧侶3人が広島・長崎での体験を語る特集、また11日付に教団の戦争協力の検証の特集記事あり。9月11日付に世界連邦日本平和委員会平和巡礼の特集記事あり)。
Copyright(c) Religious Information Research Center