(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *大津波被害から免れた神社調査
本文テキスト  東日本大震災による大津波から被害を免れた沿岸部の神社について、土木研究センター常務理事の宇多高明氏は調査の結果を寄稿し、次のように結論する。<津波の高さは地域により大きく異なるが、いづれの地域でも沿岸部に祀られていた多くの神社は、津波の高さよりわづかに標高が高い場所に祀られていたため津波被害を免れ、神社の敷地内に避難した多くの命を津波から守ったことが明らかになった>。なお岩手県大槌町の大槌稲荷神社と小槌神社について詳細な報告がなされている(6日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center