(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *大震災被災 子どもの悲しみに寄り添う
本文テキスト  東京・生と死を考える会は7月22日に「子どもの悲しみに寄り添うために―被災地の現場から そのとき、そしてこれから」をテーマに開いた。小学校教諭の菊池理香子氏は宮城県気仙沼の子どもたちについて、弱音を吐くことができずに時間が経つにつれ身体に表れてくる、親も子どもの前では弱音を吐けず母親が震災うつになり子どもが看病するケースが多いが、相談できる場がないことを<問題視した>。札幌医科大学緩和医療学特任講師の岩本喜久子氏は、親や友人などとの死別を経験した子どもは、人にグリーフを語ることが困難であり真実を知りたいと思っていることなどを指摘し、<(体験が)永久的ダメージを残すわけではない>と語った。ほかにデス・エデュケーションの模擬授業も行われた(キ11日付。東日本大震災被害の支援などの関連記事はキリスト教系3紙ともほぼ毎号掲載)。
Copyright(c) Religious Information Research Center