(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *カトリック広島・長崎 平和活動と原発事故
本文テキスト  カトリック広島教区は2006年に司教宣言「平和の使徒になろう」を発表し、「平和の使徒推進本部」が活動を開始した。その5年間を振り返り、今年6月には、ガイドライン見直し版「平和の使徒になぁ-れ」を発表、「平和」「多文化共生」など4つの領域の具体的内容を示している。担当した神父の1人は「狭い意味の反核・反戦とかじゃなく、自分の置かれた立場で“平和の使徒”として働くということ」と語る。運動は第二期に入る(カ12日付)。
 広島の平和行事は8月5-6日、長崎は7月29日-8月6日に行われた。広島のテーマは「つながり-8・6と3・11を心に刻みつつ」で、司教団メッセージ「いますぐ原発の廃止を」(2011年11月)を受けたもの。祖母が被爆者で東京から息子と広島に避難した女性信者は、<(白血病で死んだ)幼い親戚の遺影と息子の姿が重なり、“万が一”を恐れて>と5日のシンポジウムで語り、<大人は命と経済のどちらを選ぶか考えなければならないと訴えた>。また分科会では福島等から避難した母親らが証言した(カ19日付及び26日付。ク19日付に関連記事。キ11日付に明治学院大学キリスト教研究所の平和講演会の記事あり)。
Copyright(c) Religious Information Research Center