(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *宗教、宗派超え原発廃止求める
本文テキスト  仏教、キリスト教など宗教、宗派を超えた宗教者ら12名が、7月13日に京都の花園会館で原発廃止を求める声明を発表し、さらに賛同者を増やす運動を進めてゆくと表明した。日蓮宗僧侶で理学博士の鈴木章方・山梨大学名誉教授が呼びかけ、河野太通・臨済宗妙心寺派管長、大江真道・日本聖公会司教ら教団のトップクラスを中心に同日までに51名が名を連ねている。声明文は「私たち宗教者は、放射性廃棄物を必然的に蓄積させ、将来にわたって『いのち』を危機にさらし、子孫に負の遺産となる原子力発電所の廃止を求めます」とある。呼びかけ人の1人であり福島原発事故で避難生活中の早川篤雄・浄土宗宝鏡寺住職は「地域社会は消滅した」「第2のフクシマを許すことは絶対にあってはならない」と<訴えた>(19日付。中外日報15日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center