(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *無関係者の教団名商標登録問題が発覚
本文テキスト  天台宗と大慧会教団の名称と宗章(紋章)が、教団と無関係の人物によって商標登録されようとしていたことが7月4日までに分かった。登録は特許庁に認められなかったが、両教団は新たに商標登録手続きを進めている。特許庁によると、商標登録の出願は原則として誰でもできるが、「一般論として当該宗教団体と無関係の人物による登録が認められる可能性は低い」としている。なお高野山真言宗は、<「高野山」の「ブランドイメージ」が全国的に浸透している>ため、<6年ほど前に>宗派名を商標登録した。真宗大谷派、曹洞宗も登録している。一方、浄土宗は他派の存在に遠慮し、「歴史的にも広く普及している宗派の名称を本宗が独占するようなことはできない」としている(5日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center