(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *信仰と災禍の不条理を問うシンポ
本文テキスト  シンポジウム「信仰と災禍―その不条理を問う」が7月7日に慶応大学で、日本宗教ネットワーク懇談会の主催で開催された。登壇者は仏教、キリスト教、神道の関係者の6人で、同懇談会座長の本山一博・玉光神社権宮司が「信仰があれば災禍から守られるのか」と問うと、「信仰があれば災禍はなくなる」(高柳正裕・元真宗大谷派教学研究所所員)から「設問自体がピントはずれだが、あえて言うと災禍から免れることはあり得ない」(本田哲郎・カトリック神父)まで様々。シンポジウムは多岐のテーマにわたり対話を展開。そのなかで大阪市の釜ヶ崎で野宿者支援を行っている本田氏は「身近な人に対して、宗教者自らがどのくらい『壁』を作っているか気付いてほしい」と提起した。同懇談会のシンポジウムは<教えや実践についてのより深い宗教間対話を試みる>もので2011年に続き2度目(仏教タイムス12日付、中外日報12日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center