(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *司法研が死刑判断の研究報告書を公表
本文テキスト  最高裁司法研究所は7月23日、裁判員裁判での量刑判断などのあり方に関する研究報告書を公表した。同報告書では、過去の死刑判例についても分析。同報告書によると、1970年以降で死刑か無期懲役が確定した346件(死刑193件、無期懲役153件)を検討したところ、被害者数や犯行の計画性などが重視されていることが明らかになった。死刑確定の割合は、被害者1人死亡の場合32%、2人が59%、3人以上が79%で「被害者数と死刑判決の間にはかなりの相関関係が認められる」とした。また、一審判決が死刑だった割合は1955-94年が0.2%で推移していたが、1995-04年に0.63%、2005-09年には0.99%まで上昇。報告書によると「オウム真理教事件などが厳罰化の転機となった」という(日経・東京7/24)。
Copyright(c) Religious Information Research Center