(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *改正臓器移植法施行から2年
本文テキスト  2010年の改正臓器移植法施行(2009年成立)から2年経ち、脳死や心停止後に臓器提供の意思表示をしている人が、2008年の4%(内閣府調べ)から11%に増加していることが7月13日、日本臓器移植ネットワークの調査でわかった。調査は3月22-28日にインターネットを通じて行われ、10-60代の男女千人から回答を得た。「意思表示済み・意思表示したい人」41%のうち「提供してもよい」は91%、「提供したくない」が9%だった。一方で「意思表示したいと思わない・わからない」は59%で、その理由として「抵抗がある」40%、「自分の意思がわからない」30%、「家族が反対しそう」19%と続いた。
 また、同ネットワークによると、改正後2年間で脳死臓器移植は92例あったという(改正前約13年間は86例)。そのうち家族承諾のみは76例だった(毎日・東京7/14、日経・東京・夕7/18)。
Copyright(c) Religious Information Research Center