(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *日朝赤十字、遺骨返還や墓参を協議
本文テキスト  日本赤十字社と朝鮮赤十字会による日朝赤十字協議が中国北京市内で8月9日から2日間にわたって開催され、第2次世界大戦末期や終戦後に現在の北朝鮮で死亡した日本人の遺骨返還や墓参の早期実現に向けて両国政府当局者を交えて交渉を継続していくことで合意した。29日には、4年ぶりに日朝政府間協議が再開。これに合わせ、北朝鮮は日本人の遺骨収集を目指す民間団体「全国清津(チョンジン)会」の遺骨調査を認めたほか、9月28日までに平壌近郊の竜山(リョンサン)墓地への日本人遺族の墓参を受け入れるなど、北朝鮮に2万体以上残されたとされる日本人の遺骨返還や墓参をめぐる動きが活発化している(産経・東京8/11、読売・東京9/14、毎日・東京9/30ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center