(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2003年12月-2004年2月
号数 22
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *秋谷栄之助・創価学会会長インタビュー
本文テキスト  秋谷栄之助・創価学会会長の長文インタビューが『アエラ』誌に掲載された。秋谷会長の談話がまとまったかたちで一般紙に掲載されるのは、公明党が自民党との連立に踏み切る直前に行われた朝日新聞紙上でのインタビュー(朝日・東京 1999/6/5)以来。現在の自公連立体制における公明党の役割は、庶民的な中道の立場から保守をチェックする点にあるとした。自衛隊のイラク派遣については、人道復興支援が目的であるとの認識を強調。一部の会員による派遣反対の署名活動については、会内にさまざまな意見があることはまったく自由であり、当然との見方を示した。また、学会会員が社会各層にいることから、会内の意見と世論とがかけ離れることはないとした。憲法改正論議については、9条の平和の精神・理念と国際貢献のバランスをどうとるかが問題であるとの考えを示した。民主党菅代表の創価学会批判については、選挙目当てのものであり、大変な誤解であるとし、創価学会の政治的方針に対する池田大作名誉会長の関与については強く否定した(アエラ 2/2号)。
Copyright(c) Religious Information Research Center