(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 国外
大分類 【8. 北米・中南米】
小分類(国名等) ◆アメリカ<アメリカ大統領選挙>
記事タイトル *エルサレムはイスラエルの首都?
本文テキスト  イスラエルを訪問中の共和党のロムニー候補は7月29日、エルサレムでの演説で「イスラエルの首都にいることは感動的な経験だ」と、エルサレムを首都とする発言を行った。国際社会はエルサレムをイスラエルの首都とは認めず、各国は大使館をテルアビブなど他の都市に置いている。このロムニー氏の発言は米国内のユダヤ系住民や、キリスト教福音派等、親イスラエルの有権者の支持拡大をねらったもの。共和党は8月下旬に採択した政策綱領にもこの内容を取り入れた。一方民主党は、9月4日に採択した新政策綱領ではこの点に触れなかったが、ユダヤ系有権者の離反を恐れて5日に一部を修正し、「エルサレムをイスラエルの首都とする」という文言を加えた(朝日・夕9/6ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center