(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆バチカン(聖座(Holy See))
記事タイトル *バチカン機関紙、ゲイツ財団やネスレ社を批判
本文テキスト  7月29日付のローマ法王庁機関紙『ロッセルバトレ・ロマノ』は、ジウリア・ガレオッティ(エッセイスト)による多国籍企業や国際財団の第三世界での活動を批判する論文を掲載した。論文は、米国のビル・ゲイツ財団が第三世界で避妊や予防接種を推進していることについて、援助を必要とする人びとより製薬会社を富ませていると批判。また、多国籍企業ネスレ社がアフリカで粉ミルクを配布していることについて、粉ミルクに依存するようにさせ、「慈善の名の下で利益を念頭においている」と記している(キリスト8/18)。
Copyright(c) Religious Information Research Center