(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆バチカン(聖座(Holy See))
記事タイトル *映画「ローマ法王の休日」日本公開
本文テキスト  7月21日、人間味あふれるカトリック聖職者の姿を描いたコメディ映画「ローマ法王の休日」(モレッティ監督)が日本でも公開された。ローマ教皇の死後、コンクラーベ(次期教皇を選出する選挙)が行われるが、候補となる枢機卿は、みな「どうか私が選ばれませんように」と祈っている。ようやく選ばれたメルヴィル枢機卿は重圧に耐えかね、自分には無理と叫びローマの町に逃げ出してしまう。町をさまよい、「休日」を楽しみながらも、自分の人生は何だったのかと内省する枢機卿。権威的なバチカンへの皮肉とともに、人間の弱さを愛すべきものとして描いた人間賛歌になっている(日経7/20ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center