(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ノルウェー
記事タイトル *連続テロから1年、被告に判決
本文テキスト  77人が殺害された2011年7月22日の連続テロから1年、首都オスロなどで、追悼行事が営まれた。欧州でもっとも寛容な多文化社会といわれるノルウェーを襲ったテロは、移民政策をめぐる論議を引き起こしたが、政府は移民受け入れと多文化主義の推進を維持するとしている(産経7/23ほか)。しかし、最近の政府機関の世論調査に対し、国民の4割が移民のさらなる受け入れに対して否定的な回答をしている。
 裁判所は8月24日、同テロ事件の被告に禁錮21年(最高刑)の実刑判決を言い渡した。ただし、再犯の恐れがあれば刑期は無期限に延長され、更正の状況によっては禁錮10年までに短縮される(SANKEI EXPRESS8/25ほか)。
→『ラーク便り』55号41-42頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center