(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆スペイン
記事タイトル *フレスコ画の修復で騒動
本文テキスト  スペイン北東部の町ボルハの小さな教会にあるキリストを描いたフレスコ画を、地元のアマチュア画家の女性が善意から「修復」したところ、元の絵とはかけ離れた「毛むくじゃらのサル」のような絵になったのを、8月上旬、地元の宗教的美術作品を管理する団体が発見した。文化財保護の関係者は激怒しているが、メディアで大々的に取り上げられたところ、数百人規模の観光客が教会を訪れ、町おこしに一役買ったとも言われている(キリスト9/8ほか)。
 もとの絵はスペインの画家エリアス・ガルシア・マルティネスが描いた「この人を見よ」。
Copyright(c) Religious Information Research Center