(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ポーランド
記事タイトル *映画「ソハの地下水道」日本公開
本文テキスト  2011年の米アカデミー外国語映画賞にノミネートされたドイツ・ポーランドの合作映画「ソハの地下水道」が9月22日より日本でも公開されている。主人公のソハは貧しい下水修理工で、生活のため盗みにも手を染めている。ある日、ナチスによる迫害を逃れ、下水道に隠れようとするユダヤ人に遭遇したソハは、彼らを下水道に住まわせ、食物などを運ぶ代わりに、法外な報酬を受け取る契約を結ぶ。映画では、心弱き「罪びと」であったソハが、やがて命を賭してユダヤ人を守るようになる過程に焦点が当てられる。下水道の暗闇の中に描き出されるユダヤ教の伝統や宗教儀礼なども見所。同映画の監督ホランド氏は父親がユダヤ人で、父方の祖父母はワルシャワ・ゲットーで亡くなった(産経9/21ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center